【賃貸専門】VALORの部屋探しマニュアル(契約手続き編)

 
1 予算・条件を決める2 お部屋を探す3 ご契約の手続き4 引越しの手続き不動産用語集


1.お申込み〜契約の流れ

実際にお部屋を見て住みたいと思ったら、担当営業に申込みの意思を伝えましょう。 家族の意見を聞くなど日にちを改める場合もあります。決断は慎重に後悔しないようにしましょう。
内容は本人の氏名、現住所、勤務先、同居人氏名と続柄など。 そのほか連帯保証人の氏名、勤務先、年収などを記入しなければならないので事前に確認を。

入居申込書を基に入居審査が行われます。 チェック内容はきちんと家賃を払ってくれるか、風紀を乱す恐れがないかなどで、早ければ2〜3日、長くても1週間程度で結果がでます。
宅地建物取引主任者が、貸主・借主双方の権利や義務、契約内容を説明します。 トラブル回避のためにも、すべてに目を通し、疑問点があれば、必ず質問しましょう。

この時点で、署名捺印していただく契約書の発行、必要書類の説明、契約にかかる費用と支払方法、支払時期をお知らせします。
署名・捺印済みの契約書・必要書類・契約金を不動産会社に渡します。 捺印漏れ、書類の不備などがあると、鍵の受け取りが遅れる場合もあります。




2.契約の手続きQ&A

部屋は、気に入ったけれど家賃が希望条件より若干高い。家賃は安くしてもらえますか?
お部屋によっては、家賃交渉の余地はあります。お気軽に担当営業にご相談下さい。

申込みの際に、必要なものはありますか?
お申込みの際に申込金が必要なお部屋があります。念のため数万円〜家賃の1ヶ月程度をご用意ください。また認めのご印鑑も必要です。

連帯保証人は誰でもいいですか?
連帯保証人は入居者に何かあったときに代わって責任をとるという、重要な責務を負います。 入居審査にも関わってきますので、誰でもいいという訳ではありません。 基本的には、安定した収入がある親もしくは兄弟です。どうしても親族に連帯保証人がいない 場合は、個別に大家さんとの相談になります。またバローでは、保証人不要のお部屋もご紹介で きますので、前もってご相談ください。

契約に必要な書類はなにがありますか?
お部屋により若干の違いはありますが、入居者全員の住民票・契約者の在職証明書・連帯保証人 の印鑑証明書が必要です。

申込みした部屋をキャンセルできますか?
契約がどこまで進んでいるかによって異なりますが、申込みの段階であればキャンセルは可能です。 ただし、中途半端に申込み、キャンセルするのは大家さんや部屋探しをする他の人に迷惑がかかり ますので、十分納得した上でお申込みをしてください。

契約書に署名捺印する際の注意事項はありますか?
署名捺印は、契約者・連帯保証人が各自で行わなければなりません。連帯保証人の捺印は実印で お願いしています。一番大切な事は、内容を読んで理解した上で署名捺印することです。