【賃貸専門】VALORの部屋探しマニュアル(準備編)

 
1 予算・条件を決める2 お部屋を探す3 ご契約の手続き4 引越しの手続き不動産用語集


1.予算を決めましょう。

これから新しい住まいで無理なく生活していくために、毎月支払える家賃の上限を決めておきましょう。 一般的な目安は収入の3割以下と言われていますので、20万円の収入なら家賃は7万円以下ということになります。 ただ、生活スタイルは一人一人違います。趣味等にお金をかけたい人や目的があって貯蓄をしようと考えている人は家賃を抑えなければなりませんし、 逆にその他のことにお金を使うよりも住まいにこだわりたいと思えば3割以上の家賃を払うことも可能でしょう。
ひとり暮らしの場合の生活費の目安として、下記のようなデータもあります。
  • 食費 / 2万3000円
  • 水道光熱費 / 1万円
  • 外食・交際費 / 1万6000円
  • 電話代(携帯電話を含む) / 1万円
これらを参考にして、自分なりに払える家賃の上限を考えてみて下さい。



2.入居までの費用はこれだけかかります

賃貸住宅の契約時に必要な費用は、一般的には家賃の6ヶ月分。 つまり家賃が5万円の部屋ならおよそ30万円が目安になります。 その内訳は敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分、前家賃1ヶ月分(月の途中から入居する場合は日割計算)です。 ただ最近は、敷金や礼金が1ヶ月分や無しといったところも出てきています。また当社では、仲介手数料を半月分にしている物件もあります。 その他入居までに必要な費用として、引越費用、家具・家電・生活雑貨等の購入費用等があります。こういった契約金以外の費用も予算に組み込んでおきましょう。 尚、入居費用のローンを取り扱っている物件もありますので、まとまったお金がすぐに準備できない場合は、お気軽にご相談下さい。



3.条件を決めましょう

一人一人生活スタイルが違うように、お部屋選びの条件も人それぞれ。 比較的自由時間のある学生と、仕事で帰りが遅い社会人とでは住まいに求めるものは異なるでしょう。 また、自分の憧れている街に住みたい、会社や学校の近くに住みたい、ペットと一緒に住みたい、といったこだわりがある人もいるでしょう。 住まいは生活の基本となるところですので、長く快適に住むためにも、自分の生活スタイルを再度見直してみましょう。 例えば、物が多い人は収納スペースが広い部屋、お風呂にゆっくり入りたいという人はバス・トイレ別の部屋、 料理は自炊でという人はガスキッチンが備え付けられている部屋を優先するといったものです。 しかし、いい条件になればなるほど家賃は高くなります。優先順位を考えながら希望条件を決めましょう。



家賃
毎月の生活に必要な費用を差し引いて、いくらまで家賃を出すことができるのか?無理なく生活できる金額を計算して下さい。
一般的な家賃の目安は手取り月収の3割以下。
また、管理費や駐車場代など毎月決まって支払わなければならない料金も忘れないようにしましょう。

立地
通勤・通学の所要時間を考えて沿線・駅を決めて下さい。
人気エリアの駅周辺は、便利ですが家賃が高めで騒々しいケースもあります。
また、東急東横線やJR線などは比較的家賃相場が高いので、念のため乗り換え案も考えておきましょう。
駅を絞り込むより「○駅〜○駅」と幅をもたせたほうが、探しやすくなります。
建物(構造・間取・設備)
隣や上下の音が気になる場合はマンション(鉄筋コンクリート造)ということになりますが、 最近はそれ以外でも防音効果の優れたアパート(軽量鉄骨・木造)も増えています。
間取りは、入居人数や荷物の量などに合わせて部屋数や広さを考えましょう。
また「絶対に欲しい」設備と「あればいいな」と思う設備を考えておきましょう。
自分で条件をなかなか決められないという方は、当社営業担当がご相談にのります。 最も適した物件をご紹介する為にも、ご遠慮なくお話し下さい。